簡単!バストサイズの正しい測り方

バストサイズの測り方

 

自分のバストサイズを正確に知ることは、非常に重要です。

 

サイズがあっていないブラをつければ、見た目も変ですし、服のラインも崩れてしまいます。

 

またせっかくバストアップ効果のあるブラをつけていても、その効果はほとんどなくなってしまうでしょう。

 

 

自分でバストサイズを測る正しい簡単方法

 

それでは簡単で、ある程度正確にバストサイズを測る方法です。

 

 

まずバストサイズにはアンダーとトップがあります。

 

アンダーは胸の膨らみが始まる一番下の部分の胸囲。

 

そしてトップはバストで最も高い位置(前に出ている位置)です。

 

 

この2つのサイズを測っていくわけですが、最初に必ず意識して欲しいのは、「少しでも大きな数値にしたい」とか、反対に「少しでも細く測りたい」なんて気持ちを捨てることです(笑)。

 

これ実は冗談ではなく、多くの方が意識しない部分で、自分に都合のいい測り方をしてしまうものなのです。

 

これによってサイズ1つぐらい、平気で違ってきてしまうので、とにかく正確に測るということだけに集中してください。

 

ここは笑い事ではなく、最も重要なポイントです。必ず「正確」を意識してください。

 

 

ではまずアンダーバストの測り方です。

 

アンダーの測り方で困る方は少ないと思います。 シンプルに胸の膨らみが始まるかどうか?の周囲を測るだけです。

 

ですが気をつけるポイントが2点あります。

 

1つはメジャーが体に平行になっているよう、横を向いて鏡をチェックすること。

 

必ず両サイドを見て下さいね。 ここがずれると、2〜4cmも変わってきてしまいます。

 

 

そしてもう1つ、測る際はメジャーを後ろから回して、前で測ることになりますが、この際、指二本ぐらい入るようにして交差させた部分を計測してください。

 

この測り方ですと、体の3cmぐらい前で交差させないと、正確には測れません。

 

メジャーを多少キツく締めないと、体からずり落ちてしまいますよね。 その時にメジャーは体に食い込んでいる部分が必ず出て来ます。

 

指二本(3cm前で交差)はその対策だと思ってください。

 

 

そして普通にやったら非常に困難なトップバストの測り方です。

 

ですが実はこれも簡単です。

 

まずトップを測る際は、ブラを付けた状態で計測します。

 

トップバストを測る意味は、ブラのジャストサイズを知るためです。

 

オリンピックに出るための体の計測ではありません。 ブラを付けた時に、いかにキレイに見える化?のため、このサイズを知りたいのです。

 

 

なのでとりあえず、現段階で最もピッタリ来ると感じているブラを付けて計測しましょう。

 

当然ワイヤー入りのブラなどは使えません。 矯正なしの状態で測るのは絶対条件です。

 

 

そしてこの時は、バストが最も形がキレイに見えるよう、整形してもらってもOKです。

 

サイズの大きい方は、下から支える形になりますが、それでOKです。

 

寄せ過ぎず上げ過ぎず、苦しくない状態で、横から見て一番きれいに見えるよう、ブラとバストをセットしてみてください。

 

 

それでは計測です。

 

この状態で後ろから前にメジャーを回し、前で交差させます。

 

アンダーとは違い、指二本は必要ありません。 ですがあまり締め付けないよう、ジャストフィットを心がけて採寸してください。

 

指二本がいらない理由は、今回はブラをつけている分です。 ブラでやや締め付けている部分と、ブラの分を考えると指2本無しでちょうどいい感じになります。

 

 

いかかですがか? 簡単ですよね。

 

まずこれで計測し、およそのバストサイズを知ってください。

 

そして下着のショップで測ってもらうのが一番正確なので、機会があればそちらで計測してみてください。

 

ちなみに半年に一回ぐらい計測したほうがいいと思います。

 

バストのサイズは、想像以上に変わりますので。

 

 

即効姓No.1サプリ!↓