ホルモンバランスとは?

女性にとってのホルモンバランスは体の不調や見た目にまで影響を及ぼす大切なものなのです!

 

ホルモンバランスが乱れると心や体に不調が起こると言われていますが、そもそもそのホルモンバランスとは何でしょう?

 

 

女性のホルモンと言えばエストロゲンとプロゲステロンの二つですが、健康な若い女性はこの二つのホルモンのバランスが整っているのですが、ちょっとしたことこのバランスが崩れ体に不調が出るのです。

 

このバランスが乱れることで起こる不調としては、生理不順や肌荒れ、イライラや過食などが多いのですが、40代後半から50代にかけての更年期になるとエストロゲンが急激に減少しバランスが崩れ特有の症状が出始めます。

 

その症状は・・・動悸、息切れ、ほてり、イライラ、不眠症、不安感などで体つきも女性らしさがなくなってくるようで、ひどい場合は日常生活に支障が出ることもあるようです。

 

 

この女性ホルモンが整うと肌のターがンオーバーが正常になり胸のハリも出るので、女性らしい肌と体つきを保つことができるのですが、睡眠不足や不規則な生活。食生活の乱れやストレスなどで簡単にバランスが崩れてしまうデリケートなものなので、女性は常にこの女性ホルモンのバランスに注意が必要なのです。

 

 

ホルモンバランスを正常に保つには?

 

規則正しい生活 バストアップ

 

ホルモンバランスを正常に保つことは、女性にとってとても大切なことだと分かってはいるのですが、簡単にバランスを崩してしまうので何かいい方法はないんでしょうか?

 

ホルモンバランスを整えるためには、規則正しい生活とストレスを溜めない事、食生活もかなり大きく関わっているようです。

 

 

効果的と言われている代表的な物が大豆で、イソブラボンが女性ホルモンに似た働きをすることで、足りない部分の補いバランスを整えてくれるそうです。

 

大豆と言えば納豆や豆乳が手軽で、魚などに含まれるビタミンEも効果的なんです!食べ物で摂りにくい場合はサプリメントを利用すると言う方法もあります。

 

しかし、どちらにしても気を付けなくてはならないのは過剰摂取は逆にホルモンバランスを乱すことになってしまうので、気を付けなくてはなりません。

 

本来自然に分泌されるホルモンですから、出来るだけ過剰に補わずにほどほどが大切です。

 

 

最近のダイエットブームで若い女性はとにかく痩せたいと思うようですが、無理なダイエットもホルモンバランスを崩す原因になっていていて、若い女性の生理不順もとても深刻のなっています。

 

このホルモンバランスの乱れが将来、不妊症に繋がることもあるので、無理なダイエットは禁物です。

 

 

女性ホルモンと運動の関係

 

ホルモンバランス

 

女性ホルモンのバランスを整える方法はいくつかありますが、規則正しい食生活と睡眠、適度な運動がとても大切です。

 

運動がホルモンバランスを整えることに役立つのは意外かもしれませんが、適度な運動は自律神経を整えることが分かっていて、精神的な安定がホルモンバランスの安定につながると言うことかもしれません。

 

 

何か嫌なことがあってストレスがたまったときには、軽い運動をすることでなぜか心が軽くなり、気持ちが楽になることがありますよね?気持ちがリセットされるという感じでしょうか?

 

これが適度な運動が自律神経を整えたということになり、毎日少しでも運動をすることで血流が良くなり体型キープや体力づくり、肌のターンオーバーが正常に行えるようにもなります。

 

 

しかし、いくらホルモンバランスのために運動が良いと分かっていても、体を動かすことが苦手な人が毎日激しい運動をすると、逆にプレッシャーになってしまいストレスを感じてしまうかもしれません。

 

ですからホルモンバランスを整えることを目的に行う運動は、ウォーキングやヨガ、柔軟体操などの軽いもので十分なので、とにかく気持ちよく毎日続けることが大切なので、生活の中に取り入れられる運動を見つけましょう!

即効姓No.1サプリ!↓