産後のバストは左右の大きさの違いが出やすい

バストサイズ、左右違うって人結構多いですよね。
特にスポーツをしていたり、片側にだけ負担がかかる生活をしていれば
バストサイズが違うという現象が起こりやすいのです。

 

特に気を付けたいのが、産後です。
妊娠中は、母乳を乳児に与えます。

 

両方交互に挙げる方法がベストですが
利き腕の方が抱っこしやすいので、ついつい片側に偏ってしまいますよね。

 

酷使したバストは、垂れやすく、小さくなりますいでしょう。
産後はどうしても、左右のバストサイズに変化が起きやすいのです。

 

もちろん他にも、バストサイズの崩れの原因はあります。

 

授乳後のホルモンバランスの変化、筋力低下、抱っこの時の癖が原因で崩れる場合も多いでしょう。
育児のストレスが原因で、バストにまで影響を及ぼす可能性もあります。

 

もし、バストサイズを同じにしたいのであれば、下着選びが重要です。

 

大きい方に合わせて、自分に合ったブラを付ければどんどんバストの形も整います。
また、小さい方のバストを重点的にマッサージしても良いでしょう。

 

バストアップクリームを使い、気になる方をしっかりとマッサージすれば
いずれサイズも同じくらいになります。

 

大切なのは、バストの形を維持する為の心がけです。

 

こちらも併せてどうぞ=日本女性が産後にバストが小さくなる確率は約60%

 

矯正方法は=左右のサイズ差を矯正するには

即効姓No.1サプリ!↓