バストの大きさと乳がんの関

乳がん

 

乳がんは、乳房に悪性腫瘍ができてしまう怖い病気です。
最近では乳がんを発症してしまう日本人女性が増えており、30代〜40代の比較的若い女性でも乳がんになってしまうようです。

 

自分で気付くほどの症状が出てからでは遅いので、できれば早めのうちから検診を受けるようにしておきたいですね。
乳がん検診で初期のうちに腫瘍を見つけることができれば、症状が悪化してしまう前に治療を始めることができます。

 

乳がんが治る確率も上がりますので、検診を受けることはとても大切です。

 

乳がんは、胸が大きい人がなりやすいという話を聞いたことはありますか?
胸が大きいと悪性腫瘍ができやすいため、乳がんになる確率が上がるという話です。

 

この話を信じている人もいるかもしれませんが、実は胸の大きさは乳がんになってしまう確率と直接的な関係はありません。
胸が小さくても乳がんになる人はいますし、逆に大きくても乳がんにならずに健康な人も多くいます。

 

胸の大きさによって乳がんになるリスクが高まるということはないので、胸が小さい人でもしっかりと乳がん検診を受けましょう。
発育した乳腺組織を持っている大人の女性なら、誰もが乳がんになる可能性があるということを覚えておきましょう。

 

 

では、なぜ胸が大きい人が乳がんになりやすいと言われているのでしょうか?
その理由は、しこりの見つけにくさにあるのではないでしょうか。

 

乳がんを見つけるためには、乳がん検診以外にも、胸を触ってしこりがないかチェックするセルフチェックというものがあります。
もしも乳がんになってしまったとき、早めのうちに気付くことで治る確率がぐんとアップします。

 

乳がんの初期症状である胸のしこりを見つけるために、日頃から胸を触ってセルフチェックを行っている女性は多いでしょう。胸が小さければすぐにしこりに気付くことができるかもしれませんが、胸が大きい場合には脂肪が邪魔をしてしこりを発見しにくいです。
そのため、乳がんの初期症状に気付くことができず、症状が悪化してしまってから乳がんの治療を始めることになるのでしょう。胸が大きい人が乳がんになりやすいイメージがあるのは、このためであると言われています。

 

また、太って脂肪がたくさん付いてしまっている人も、乳がんの初期症状を見つけることが難しいです。
大きな病気を引き起こさないためにも、太り過ぎには気を付けて生活を送りたいですね。

 

 

乳がんの原因

 

乳がんになってしまう原因として、「エストロゲン」という女性ホルモンの存在が挙げられます。
本来エストロゲンは、乳管の発達・女性生殖器の発達を促すホルモンです。

 

生理がくることで多く分泌されるなどして、常にその量は変化し続けています。
このエストロゲンが過剰に分泌されることや、長期間エストロゲンにさらされることで、乳がんを発症するリスクが高まると言われています。

 

しかし、エストロゲンはすべての女性の体内に存在するものです。
どのようなことがきっかけで、エストロゲンが過剰に分泌されたり、体内に長く留まってしまうのでしょうか?

 

 

肥満になると、ホルモンバランスが乱れてしまうことが多いです。
ファストフードのような高脂肪・高たんぱく質な食事ばかりを取っていると、体に多くの脂肪が付いてしまうだけでなくホルモンバランスも崩してしまいます。

 

ホルモンバランスが乱れることで、エストロゲンの分泌が増加してしまうのです。

 

本来ならエストロゲンがあまり分泌されないはずの時期に過剰に分泌されてしまうことで、体内のエストロゲンの量が大幅に増えてしまうことになります。
これにより、肥満の人は乳がんになるリスクが高まってしまうのです。

 

さらに、肥満の人は脂肪が邪魔をして、乳がんの初期症状に気付くことができない場合が多いです。
しこりを見つけることができずに、症状が悪化してから乳がんに気付くケースがとても多いのです。

 

 

出産経験があるかないかということも、乳がんに大きく関係してきます。

 

出産を経験していない人は、妊娠中に多く分泌されるはずのプロゲステロンというホルモンが分泌されないので、エストロゲンにさらされる期間が長くなってしまいます。
そのため、出産経験がある人よりも、エストロゲンの影響を受けやすくなってしまうのです。

 

実際に、初産年齢が低い人ほど乳がんになる確率が低くなると言われています。これまで出産を経験したことがない人は、より一層乳がんに気を付けたいですね。

 

出産経験と同じように、授乳経験の有無も乳がんに関係しています。

 

やはり授乳経験がない人のほうが乳がんになる確率が高く、授乳期間が長い人ほど乳がんになる確率が低くなるそうです。

 

赤ちゃんのために頑張って授乳をすることは、お母さんの体を守ることにもつながるのです。
赤ちゃんを生んだ経験がある人はもちろん、これまで出産・授乳の経験がない人は特に、乳がん検診とセルフチェックをしっかりと行っていきましょう。

 

 

セルフチェック方法

 

乳がんは、セルフチェックで発見できる可能性が高いです。

 

初期症状としてしこりが肌表面に近いところに現れるため、自分で触って異変に気付くことができます。
実際に、乳がんの60パーセントはセルフチェックによって発見されていると言われています。

 

まずは、自分の胸をしっかりと観察することで乳がんを発見しましょう。
腕を下げた状態で胸に異変がないか、腕を上げた状態で胸に異変がないかを観察します。

 

胸にへこみがあったり、左右で明らかに形が違っているときには、乳がんの可能性があります。
乳頭を軽くつまんでみて、血のようなものが出てこないかということも確認しておきましょう。

 

また、乳房の表面に円を描くように胸を撫で、しこりがないかどうかも確認します。
わきの下に指を入れ、リンパに腫れが生じていないかということも確認しておきましょう。
自分の胸を触っていて少しでも違和感を感じたら、念のために病院で診てもらうことをおすすめします。

 

検診

 

セルフチェックをするタイミングは、生理が終わった1週間〜10日後がおすすめです。

 

普段からセルフチェックを行っておくことで、少しの変化に気付けるようになります。

 

即効姓No.1サプリ!↓