産後バストが垂れる確率は実に90%

産後バストが垂れる確率は実に90%

産後、バストが垂れたと感じる女性は、実に9割以上だといわれています。
ほとんどの女性が、産後バストが垂れてしまうのです。

 

バストの中には乳腺があります。
妊娠をすると、女性ホルモンが盛んになり、乳腺がどんどん大きくなります。

 

乳腺は、母乳を作るためにとても大切な部位なのです。
また、乳腺が大きくなれば同時にバストサイズも大きくなってくるでしょう。

 

しかし、産後はどんどん女性ホルモン量が正常に戻っていきます。
女性ホルモンの代わりに、プロラクチンという成分が分泌し、女性のバストサイズを保つのです。

 

しかし、プロラクチンは母乳が出ている時期のみ出るホルモンです。
母乳が出なくなってくると、プロラクチンも減少し、バストが衰退し、しぼみ、たるんでしまうでしょう。

 

産後にバストダウンしたり垂れてしまうのは、ある程度仕方のない事なのです。

 

しかし、バストの垂れを防ぐ方法はあります。
大切なのは、妊娠中、出産後のバストケアです。

 

毎日バストアップクリームを使ってバストアップマッサージを行い続ければ、
バストの働きが活発化し垂れを食い止めることはできるでしょう。

 

垂れてしまってからではなく、垂れる前のケアがバストには必要なのです。

即効姓No.1サプリ!↓