バストカップの計算方法

ある程度正確なバストカップの計算方法

洋服のサイズは、S、M、Lや5号7号号と大まかに分けられています。

 

しかしバストカップは、とても細かく分けられているのです。

 

バストカップは、どうやって知ることが出来るのでしょうか。

 

 

バストにはトップバストとアンダーバストの2種類があります。

 

このトップとアンダーのサイズの差が、バストのカップ数の違いとなるのです。

 

 

たとえばAAカップはバストとアンダーの差が7.5cm程の場合、Aカップは10cm、Bカップは12.5、Cカップは15cm程となっています。

 

1カップ上がるごとに、バストとアンダーの差が2.5cmずつ開いていきます。

 

 

また、バストのカップはA65、B70などに別れています。

 

 

アンダーバストは大まかに5cm刻みになっていて、65、70、75、80とどんどん数が増えていくのです。

 

 

アンダーバストが63cmから67cmくらいの人は65サイズのブラを付ける事となります。

 

ブラはいくつかのホックがあるので、自分のアンダーの数に合わせてホックの位置も調整するようにしましょう。

 

 

トップとアンダーの数値によりサイズが変化するので、一見胸が大きく見えてもアンダーバストが大きい場合は、カップ数も小さくなってしまうでしょう。

 

逆にトップバストのサイズが小さくても、全体的に細見であればカップ数が上がる事もあります。

 

 

即効姓No.1サプリ!↓